ヘッダー.jpg

2021年 のテーマは

「解かれゆく封印」

 ~大激動期2年目~

深い所から歓喜して生きると決めて行動し続けている方は、ここから更に生きるステージが変わり、新しいストーリーが始まります。

それは、これからを生きていく人と今までのままを生きる人との「違い」が大きく現象化するタイムラインです。

これからを生きる人は、

いまその瞬間を精一杯生ききるということを決めている人

​そのような方はここから更に天と共鳴し色々な封印が解けていき、色々な記憶が蘇っていくでしょう。

当店「月のしらべ かじもとや」は、"天地自然と共鳴し歓喜して生きる" をお伝えしております。

2020~2025年は大激動期といただいております。その大激動期をいかに "歓喜" して、日々を丁寧に過ごしていけるか。自分自身の足元を整えることが最優先なのです。 

    

<自分自身を整える5つのポイント>

①生体リズムを整える。(月のテンポを生きる)

②肉体に溜まっている毒素を排毒する。

③電磁波ノイズ対策の徹底。

④長い間隠されてきた世の中の構造、真実を知る。

⑤自分自身の念を薄くする。(観念)

どうかこの大激動期ど真ん中のタイムラインを豊かに生きていただけたらと思います。

 
 
月のテンポ116丸形.png
勾玉.png
竹ロゴ シンプル_0219091023.png

①月のテンポ116 

月のテンポ116丸形.png

月のテンポを開発されたのは、写真左から2番目の片岡由季さんの父:片岡慎介先生。

慎介先生の義息子となる航也先生(写真左)が慎介先生の意思を継ぎ、2015年に月のテンポを伝える講演活動をスタートされました。

 ☽テンポとは…楽曲の演奏速度のこと。1分間に刻まれる速度。そのため、テンポ116とは、1分間に116回の音を刻むことを示します。

 ・テンポ116は、体内時計のテンポとも一致します。体内時計は24.8時間。計算する

​とだいたい116のテンポになるのです。

 ・テンポ116は、月のテンポでもあります。月の1日は24.8時間。そこから計算して

月のテンポを割り出すとテンポ116になります。これは体内時計とも一致しています。

 ・自然のテンポであり、月のテンポであるテンポ116で生きることは、大自然の流れ​に乗って生きることでもあります。

写真左から

 ①片岡航也先生 ②片岡由季様

 ③梶本理恵   ④梶本勝巳

「月とともに生きる(月のテンポ)」は2020~2025年の大激動期ど真ん中を豊かに生きていくための指標となります。

そのため、片岡航也先生の講演会・連続講座を3会場で開催(主催)させていただいております。どうぞ、大激動期を軽やかに生き抜いていく​指標としてご参加くださいますと幸いです。講演会・連続講座・関連商品の詳細は、月のテンポ116のページへお越しくださいませ。

また、月のテンポはツキを呼びます。ただ流しておくだけで軽やかな領域場となります。今すぐできることは、月のテンポで動きましょう♬

②天然石勾玉

勾玉.png
ブログ用2.png

勾玉とは?

​2000年以上も前から石で作られた「まがたま」。大昔の人は、何のために作ったのでしょうか? まがたまには、大きく分けて3つの説があります。

 ​当店では、「月」を神様としていた時代、その月の形を身に付けるようになった。という説を特に大切にしています。なぜならば、2015年から「月の時代」に入ったといわれ(それ以前は、太陽の時代→男性中心)、一番「ヒト」として天地自然と共鳴する生き方は、月の満ち欠けに沿った生活であると、提言させていただいているからです。

 また、石そのものに力があり、勾玉の形にすることにより、パワーを引き出す力がもっと強くなります。日本においても、正倉院の中から「薬石」として大切に扱われていました。世界中のどの文明を見ても、権力者や占い師、シャーマンは石を身に付けていました。日本ではまがたまがそれにあたります。

 さらに、自分に合った石を持つことによって、全身に力がみなぎり、さまざまな運氣が上がる様です。そして、まがたまは、心にも影響し、石によって心を癒してくれたり、勇気づけたりします。

 当店では、今のあなたにふさわしい勾玉をお引き合わせをさせていただきます。

わたしたちは、まるで結婚の仲人役のように、あなた(意志)と勾玉(石)の仲人をし、めでたく「結魂」できるように鑑定させていただいています。

​~勾玉鑑定について~

鑑定には以下の方法があります。

①対面による鑑定

②Webによる鑑定

③遠隔による鑑定

※③については、かじもとやにお任せしていただく遠隔鑑定です。

《所要時間》

約50分程度

《料 金》

1回  2,000円

※なお、鑑定をした勾玉をご購入される場合はサービスとさせていただきます。

《詳 細》

天然石勾玉のページへ

 

③竹炭づくり

(竹林整備)

竹ロゴ シンプル_0219091023.png

なぜ、竹炭づくり(竹林整備)を始めたのか?

① 月と竹の密接な関係性…竹取物語を思い出してほしい。月夜と竹。そもそも地球には竹は存在していなかった。

② 大分県は竹工芸が盛んな地域であること。しかし、山は荒廃し枯れた竹がいくつも倒れてしまっている。

​③ コミュニティとして動くにあたり、ひとつの活動内容となること。子どもから大人までみんなで取り組めること。

●竹林…竹は身近で有用な植物でした。タケノコは春の訪れを告げる食材。また、竹は成長が早く、強靭かつしなやかで細長く割れる性質から、古くからうちわやザルなどの日用品や家具、建築用材の材料として使われてきた。

●放置竹林の影響●

①竹が光を遮ることで、樹木は弱り枯れてしまう。そのため、鳥類や昆虫類の種数も減少。

②竹の地下茎は地中30cm程度に集中しているため、雨水が地中近くまで浸透しなくなる。放置された竹林の地下茎は腐食したり枯死するため、土砂・土壌崩壊の危険の可能性がある。

それらの現状を知り、いま自分たちができることは何か?を考えた時、森林の整備をしている友人と意気投合。

​森林整備(皮むき間伐)においても、竹の整備は必要不可欠。「月のしらべの竹物語」として活動を開始した。

月のしらべの竹物語

​商品:竹炭200g~・土壌用200g~。 今後は、竹炭パウダーを基に竹炭だし・竹炭塩などの商品開発を行う。

炭化方法:無煙炭化器を使用。 詳細は、月のしらべの竹物語のページへ

​④Other

月のしらべかじもとやは、ドキュメンタリー映画「いきたひ」を応援しています。

~ "大" せつなことを "分" かちあう "県" 大分実行委員会 ~

いきたひ.jpg

①2021年 4月11日(日)大分市コンバルホール 文化ホール

​ 開場:13:30 開演:14:00~16:30 費用:3,000円

​ 定員:100名 主催:一般社団法人G.F.S(阿部・金子)

②2021年 6月 6日(日)別府市コミュニティセンター

③2021年 8月 8日(日)玖珠・九重・湯布院近辺

​④2021年10月10日(日)未定 ​⑤2021年12月12日(日)未定

​※詳細は随時お知らせいたします※

​当店では、お月さまと深い関わりのある①月のテンポ116 ②天然石勾玉 ③竹炭の3つを柱にお取り扱いしています。

​ロゴをクリックすると、それぞれのページにお連れいたします。

 
新月

​《月のしらべかじもとや》

店主

梶本 勝巳

070-5436-3212

管理人

梶本 理恵

090-9078-8297

《住 所》

​別府市火売4-2

  • Instagram

©2020  tsukinoshirabe-kajimotoya